ウィーチャットペイ(Wechat Pay)決済利用方法

ウィーチャットペイ(WeChat Pay・微信支付)決済の利用方法

スマートフォンがあれば利用することができるウィーチャットペイ。
ウィーチャットペイ(WeChat Pay・微信支付)のアプリに銀行口座の情報を登録することで、24時間いつでも銀行口座からアプリにお金を『チャージ』することができます。食事代や洋服代、お店で何かを買う時、その代金を支払うときにはアプリを操作してQRコードを表示してお店側に読み込んでもらうことで支払いが完了します。

実際の店舗でのウィーチャットペイ(WeChat Pay・微信支付)の決済方法は極めて簡単です。この簡単さ・手軽さが中国国内での圧倒的利用率につながっています。代理店様は代金を支払ってもらうためにQRコードを表示し、消費者様が自分のスマホでそのQRコードを読み込めば支払いは即時に完了します。
その手軽さと導入コストの安さから、消費者側、小売店側ともに愛されて、今では「ウィーチャットペイさえあれば財布を持たずに出かけることができる」と言われるまでに発展しています。

ウィーチャットペイの利用方法

ウィーチャットペイを利用する手順は極めてシンプルです。

1. WeChatの中にある『ウォレット』を起動する
2. 支払い金額を確認し、支払い用QRコードを店側のバーコードリーダーで読みとってもらう
3. ウィーチャットペイ内の残高から自動的に支払いが行われる

ウィーチャットペイ(WeChat Pay・微信支付)のアプリに銀行口座の情報を登録することで、24時間いつでも銀行口座からアプリにお金を『チャージ』することができます。食事代や洋服代、お店で何かを買う時、その代金を支払うときにはアプリを操作してQRコードを表示してお店側に読み込んでもらうことで支払いが完了します。

注意!日本人はウィーチャットペイを使えない?

※2018年4月現在、中国国外の銀行口座、クレジットカードをウィーチャットペイに登録してQRコード決済を行なうことはできていません。また日本でダウンロードしたWeChatには『ウォレット』機能がアクティベートされていないため表示されていません。WeChat内でウォレット機能を利用できる人から送金機能、もしくは『红包』でお金を送ってもらうことで『ウォレット』機能を利用できるようにすることができます。

中国国内の銀行口座を持っている場合にはウィーチャットペイを利用することができます。中国国内の銀行口座は年々開設のための審査が厳しくなっているとも言われており、以前であれば短期旅行客でも開設できていましたが、現在では就業や留学など長期で滞在する人でなければ開設は難しくなっています。

しかし、中国人以外の利用者への対応進捗も?

中国国内のスマートフォン決済サービスの普及により、一部の商店では現金の取り扱いを渋るところが現れ始めました。特に偽造が比較的容易である硬貨については個人経営の小売店においてQRコード決済のみを受け付け、現金はお釣りを準備していないため受け付けないというお店も存在し、ウィーチャットペイなどを実質利用できない外国人旅行客にとっては辛い場面もあります。

そこで海外発行のクレジットカードからもウィーチャットペイにチャージできる仕組みを整えていることを公式が発表しています。一部報道では中国国外のクレジットカードにウィーチャットペイが対応したとのニュースもありましたが、実際には登録できているユーザーとできていないユーザーが不規則に存在しています。

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。