ウィーチャットペイ栃木県日光市の飲食店経営者K様の導入事例

栃木県日光市の飲食店経営者K様の導入事例

栃木県日光市で飲食店を経営するK様の導入事例をご紹介します。

「日光といえば日光東照宮というイメージが強いと思います。以前は 修学旅行生や温泉をお目当てにいらっしゃる観光客で賑わっていました。今ではそこにさらに外国人観光客が加わり、お客様の多様性が一気に高まり、飲食店を生業としておりますわたくしどもも対応に追われております。

訪日外国人観光客の中で最も割合が高いのが中国からのお客様ですので、日光においても中国人のお客様は多く見受けられます。ウィーチャットペイを導入する以前は、中国からのお客様にお店のプロモーションをどのようにするかで頭を悩ませておりました。中国語メニューの作成、中国語が話せる方を雇うなど工夫を重ねておりましたが、他店も同様のことをしておりましたため、効果はあったものの突出しているかと言われると微妙でした。

ウィーチャットペイを知ったのは中国に駐在している友人から中国ではQRコードで決済できる仕組みが流行っているという話を聞いたからでした。よく話を聞くと中国ではコンビニでの買い物も路上の個人がやっている屋台でも、家賃の支払いもウィーチャットペイを通して行なうことができるため現金を使う必要はないとのことで非常に驚きました。そして同時に、これを導入すれば中国人観光客の集客に役立つだろうと確信しました。

実際に導入したことで中国人観光客は劇的に増加しました。私が経営するお店では食材にこだわっているためお値段も周りのお店に比べると少し張るのですが、中国人のお客様は『日本産』で『こだわりをもって作られた』ものを日本旅行で体験したいと考えているようで、日によっては日本人のお客様よりも中国人のお客様の方が多い日も少なくありません。

ウィーチャットペイを利用すれば手元に現金がなくても、中国の銀行にある預金からそのままウィーチャットペイにチャージすることができるため、現金を利用するよりも金額を気にすることなく支払いができます。わたくしのお店のような高単価で高い品質のサービスを提供するお店では非常にありがたい仕組みであると実感しております。また決済手数料もクレジットカードや銀聯カードに比べて低く抑えられているため、コスト面での負担も小さく抑えることができています。

ウィーチャットペイ導入にあたって、無知なわたくしに1から手厚くサポートをしていただいた担当者の方には頭が上がりません。これからも日本人的なおもてなしを大事にしながら、全てのお客様に日光を楽しんでいただけるように精進させていただきます。この度はありがとうございました。

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。