WeChatPayを体験。日本でチャージに成功するも中国・深センで“お金をドブに捨てた”記者の顛末記

休暇中に香港と中国・深センに行ってきたので、現地で普及するモバイル決済サービス「WeChatPay」を使ってみた。日本人が現地でこのサービスを使うには乗り越えるべき障壁がいくつかあるが、アプリの準備から金額のチャージ、そして現地での支払いまで、成功と失敗の顛末(てんまつ)を紹介したい。

中国のモバイル決済普及率は98%超え?

 日本では2004年ごろから非接触型ICカード技術の「FeliCa」を使ったモバイル決済サービス「おサイフケータイ」が始まったが、それを含む日本のモバイル決済全体の普及率は、16年時点ではわずか6%にとどまっている。一方、お隣の中国都市部では、近年急速に普及が進み、普及率が98.3%に達しているとの報道もある(いずれも日銀調べ)。いまだ現金しか使えない店舗も多い日本と比べると驚異的な数字だ。

 中国のモバイル決済を後押ししたのは、「WeChatPay」(微信支付)と「Alipay」(支付宝)の二大勢力だ。いずれも決済手段にQRコードを使っていて、主に店舗側で用意したカメラで客のQRコードを読み取るか、印刷したQRコードを店頭に置いて客に読み取らせることで決済する仕組み。大型店舗から街の小さな商店まで、モバイル決済が爆発的に普及したのは、この手軽さが一因だろう。

深センのビルにある小さな売店。ショーケースに貼られている緑と青のステッカーが、「WeChatPay」(微信支付)と「Alipay」(支付宝)のQRコードだ。この緑と青の組み合わせは、どの店に行っても目にすることになる


 すでに中国では、モバイル決済サービスが使えないと日常に大きな不便を感じるとの声も多く見かける。現金の支払いではコンビニでおつりがもらえなかったり、街の小さな露店で現金を使おうとすると驚かれたりするという。となれば、中国を訪れる外国人も積極的にモバイル決済を活用したいと思うもの。しかし、いずれのサービスも中国人以外が使うにはさまざまな制約がつきまとう。

日本国内からWeChatPayのアカウント作成できるが……

 そもそもWeChatPayは、コミュニケーションアプリ「WeChat」の一機能だ。WeChatのアカウントは以前から外国人でも作れたが、これまでは中国の銀行口座や身分証をアカウントにひも付けないとWeChatPayは使えなかった。しかし、最近は制限が緩和されたようで、外国人でも機能を有効化できるようになった。

 実際に記者は日本でWeChatアプリをインストールし、日本で発行したVISAクレジットカードをアカウントにひも付けてWeChatPayを有効化できた。

 外国人ユーザーに立ちはだかるWeChatPayの大きな壁はここからだ。現状、中国の銀行口座かデビットカードを持っていないと、オンラインでWeChatPayに現金をチャージする手段がない。すでにWeChatPayアカウントを持っている人に現金を渡して送金してもらう方法なども考えられるが、本末転倒のようにも思える。

 そこで“抜け道”を利用することにした。外貨を電子マネーに変換するサービス「ポケットチェンジ」を使う方法だ。

余った外貨を活用する「ポケットチェンジ」を活用

 ポケットチェンジは、海外旅行などで余った外貨を投入すると、各種電子マネーに替えられるサービスだ。日本の主要空港や駅などに緑色の筐体が設置されていて、誰でも使える。このサービスが取り扱う電子マネーの中にWeChatPayがあり、日本人も利用できる。

 記者は渋谷のドン・キホーテ店舗内に設置されたポケットチェンジを訪れた。自宅に眠っていた米ドル紙幣と、日本円の紙幣を何枚か投入し、出てきたレシートに書かれたQRコードをWeChatアプリで読み取ることで、WeChatPayに投入した外貨分の金額をチャージできる。レートは決して良いものではないが、日本に居ながらにしてWeChatPayにチャージする唯一の方法だ。


 注意点として、WeChatPayにチャージした金額はその後に日本円などへ両替する手段が今のところなく、中国で使い切るしかないことを念頭においてほしい。

ポケットチェンジからWeChatPayにチャージ

アプリでも自分のWeChatPayにチャージされていることを確認

 ポケットチェンジという抜け道でWeChatPayへのチャージが成功したところで、実際に現地で使ってみた。ちなみに中国の身分証をWeChatPayに登録していない場合、外国人は中国本土以外でWeChatPayを使うことができない。WeChatPayが使える店舗が増えつつある日本国内はもちろん、途中で立ち寄った香港でも使えなかった。

 WeChatPayの使い方は簡単で、店頭にあるQRコードを読み取って支払い金額を指定するか、レジで自分のQRコードを読み取ってもらうだけ。

 記者が試したのは、歩き疲れて入った深セン市内のマクドナルドだった。日本でも一部店舗で導入されているセルフオーダーレジがあったので、タッチパネルで商品を選び、WeChatPayを支払い方法に指定。店舗端末の読み取り部にスマートフォンで表示したQRコードをかざせば支払いは完了だ。

画面に表示したQRコードを読み取り部分にかざす

2つの失敗、電波とログイン問題

支払時にこんな画面が出て焦った。結局、現金で支払う羽目に

 他の店舗では失敗もあった。駅の売店でQRコードを読み取る決済を試したところ、店内の電波状況が悪くてうまくいかなかった。おそらく使っていたスマートフォンのLTE対応バンドが中国国内に適しておらず、奥まった室内ではうまく電波をつかめなかったのかもしれない。自国で使っているスマートフォンを持ち込んで使う、訪中外国人が陥りそうな状況ではないだろうか。
 もう1つの失敗は、そもそもWeChatPayにログインできなくなってしまったケースだ。実は旅行に、同僚の記者も同行していたが、彼は自身のiPhone 6sに香港の通信事業者が発行した“現地SIM”を入れて使おうとしていた。

 日本でWeChatPayの準備を済ませ、香港に到着して早速SIMを入れ替えて使い始めたところまではよかったのだが、いざ中国本土に入ってからWeChatPayを使おうとしたところ、再度ログインを要求する画面が現れた。SIMを入れ替えたタイミングで強制ログアウトされてしまったのだろうか。

 しかもログインにはアカウントにひも付けた日本の番号でSMS認証を行う必要がある。残念ながら日本のSIMは香港のホテルに置いてきてしまっていて、彼が意気揚々とWeChatPayにチャージした約2000円は、滞在中一度も使うことはできなかった……。

 いずれもユーザーが注意すれば、回避できる失敗ではある。慣れない海外では意外とやってしまいそうな失敗例ということで、これから中国でWeChatPayに挑戦する人の参考になれば幸いだ。

うらやましい中国のモバイル決済事情 まだまだ外国人には手厳しい

 WeChatPayのQRコード決済自体は体験として大きな感動があるわけでもなく、本当にあっけなく終わる。毎回パスコードを入力する必要があるなど、日本のおサイフケータイの俊敏性には劣るが、とにかくWeChatPayが使える店舗の多さが印象に残っている。冒頭で紹介したように、外国人には利用のハードルがとにかく高い。訪中観光客のためにも改善をお願いしたい。

 そして、WeChatPayのミソは「現地の人々が日々の生活で本当に使っている」ことだ。モバイルを使いこなしていそうな若者だけでなく、老若男女が生活で使っている──QRコードを使った決済方法はその普及を後押しした一要素でしかない。

 日本でも徐々にコード決済の波が押し寄せているが、店舗側のコスト負担を軽減する工夫と、乱立する決済サービスの整理が普及の鍵となりそうだ。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/26/news016.html

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。