「WeChat Pay」などの決済用QRコードを自動判別

海外広告・インバウンド広告事業などを展開するインタセクト・コミュニケーションズ株式会社(以下、インタセクト・コミュニケーションズ)は10月25日、マルチ決済アプリ「IntaPay」をリリースしたと発表しました。

「IntaPay」では、「WeChat Pay」と「Alipay」のQRコード決済が、同一管理画面において可能で、世界中で急速に普及するキャッシュレスに特化したアプリとなっています。流通店舗での利用を想定されたもので、今後は「IntaPay」に、国外はもちろん、国内の決済サービスも順次追加していくとしています。

既に商業施設やインバウンド対応店舗などに提供 初期費用0円で

中国POS機器大手sunmiのモバイル型決済端末(SUNMI V1S)でも対応可能な「IntaPay」は、既に商業施設やインバウンド対応店舗などに提供。

越境EC販売や来店予約販売、VIP会員サービスなどを可能にするミニアプリの開発や、CRMビッグデータ分析を提供し、決済と運用企画の一貫したサポートを提供しています。

IntaPay決済サービスの導入初期費用・利用料金は0円。申し込み後は「WeChat Pay」、「Alipay」で審査完了次第、利用が可能となります。

https://honichi.com/news/2018/11/13/intasekuto-komyu/

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。