京急電鉄、羽田空港国際線ターミナル駅でWeChatPayなどQRコード決済の実証実験

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。

京浜急行電鉄(京急)は、日本美食との協業で、羽田空港国際線ターミナル駅や京急の施設内の一部飲食店でQRコード決済の実証実験を行う。期間は2018年7月13日~11月30日。

 実証実験は、訪日外国人をターゲットにしたもので、「日本美食QRコードスマホ決済」と「日本美食アプリ」が活用される。羽田空港国際線ターミナル駅の京急ツーリストインフォーメーションセンターでは、QRコード決済により「京急羽得2枚きっぷ」(620円)を期間限定で販売する。

 品川駅前のウィング高輪WESTの一部飲食店、京急本社のベルフォールカフェ、ウィングエアポート羽田(羽田空港国際線ターミナル駅3F)のラーメンフードコート「品達 羽田」でもQRコード決済に対応。「品達 羽田」については、「日本美食アプリ」上で注文から決済までが行える。

 「日本美食QRコードスマホ決済」が対応する決済方法は、Alipay、銀聯(クレジット/デビット)、Union Pay、VISA(クレジット/デビット)、MasterCard(クレジット/デビット)、Apple Pay(日本/中国)、Google Pay、PayPal、American Express、LINE Pay、WeChatPay(※別途申請)の15種類。
 
 
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1132659.html

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。