自販機でもコード決済、イオンで導入が進む WeChatPayから

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。

自動販売機でもコード決済の波が来るかもしれない。

 FinGoが販売するマルチ決済端末「UNO PLUS」は、飲料自販機、コインランドリー、駐車場精算機、券売機、コインロッカーなどへ設置可能。
 ユーザーにとって、特にうれしいのが飲料自販機への設置ではないだろうか。SuicaやiDなど非接触の電子マネーに対応した自販機は多いが、コード決済への対応はほとんど進んでいない。対応するコード決済が増えれば、FeliCaに対応しないスマートフォンでもスマホから手軽に飲料水を購入できるようになる。

              イオンで導入されている、コード決済対応の自販機

 UNO PLUSは、2018年からイオン店舗の自販機で8000台ほど導入している。ユーザーはアプリからバーコードを表示させて、その画面を決済端末の下にかざすと、コードを読み取って決済が完了する。担当者によると「スキャナー付きの端末で飲料自販機のコード決済に対応したのは初ではないか」とのことだった。

 なお、現時点で対応しているコード決済は「WeChatPay」のみだが、今後は「Alipay」や「LINE Pay」にも対応する予定。非接触決済は交通系電子マネーや「WAON」「iD」「QUICPay」「楽天Edy」に対応している。クレジットカード向けの非接触決済「EMVコンタクトレス」も2019年内に対応する予定。

              決済端末の下にスマホをかざしてコードを読み取る

              その後、自販機のタッチパネルで買いたい商品を選ぶ

引用:メディアモバイル https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1903/05/news137.html

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。