テンセント、アルゼンチンのスマホ決済会社に出資

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。

【広州=比奈田悠佑】中国のネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)がアルゼンチンのフィンテック企業、Uala(ウアラ)に出資したことが24日分かった。ロイター通信などが報じた。テンセントは中国のスマートフォン(スマホ)決済で約4割のシェアを握るが、普及一巡で成長が鈍化している。海外市場の開拓で成長の再加速を狙う。

テンセントは電子決済分野で投資を活発にしている

ウアラは2017年創業で決済・送金ができるスマホアプリを運営している。銀行口座やクレジットカードを所有できない10代の若者や低所得者層の支持が高い。同社には米ゴールドマン・サックスや著名投資家のジョージ・ソロス氏が出資している。

ウアラ創業者バルビエリ最高経営責任者(CEO)はアルゼンチンメディアの取材に「事業を拡大する上で、テンセントの金融の知識と経験を我々のビジョンに生かすことができる」と述べた。

テンセントは年間100件以上のベンチャー投資をしている。エンターテインメントや教育分野に加えて、近年ではフィンテックを重点分野に据えている。同分野では18年、ドイツの「N26」やブラジルのユニコーン企業「ヌーバンク」などに相次ぎ出資した。

中国の調査会社、易観によると2018年10~12月、中国のスマホ決済市場はアリババ集団の「アリペイ」が54%、テンセントの「ウィーチャットペイ」が39%だった。2強体制が長く続き、市場は飽和気味だ。テンセントはもうひとつの屋台骨であるゲーム事業も当局の規制強化で逆風にあり、有望ベンチャーへの投資の重要性が高まっている。

引用:日経電子版 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44162230U9A420C1FFE000/

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。