食品、お土産、さい銭も スマホ決済は時代の流れ

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。

キャッシュレス決済の中でも、とりわけ導入が進むのがスマホ決済だ。東京では大規模商業施設はもちろん、江戸情緒あふれる商店街でもスマホをかざしてピッピッ-。

人力車の支払いもスマホで済ませることができる=東京都台東区

浅草寺・仲見世通りの草履販売店は今年4月に電子決済サービス「ペイペイ」を導入。「うちで買い物する人は、いまや半分以上が中国人。お客さんから『スマホ決済を使えるようにして』と言われて」。周辺を巡る人力車の業者も「外国人に気軽に乗ってもらうためには必要」。

上野のアメヤ横丁(通称アメ横)で、同様のサービス「オリガミペイ」を取り扱う鮮魚店。「積極的に入れたかったわけじゃないけど、時代の流れだね」と話す高齢の店主は「息子が店にいない時は、使い方が分からず困るんだけど」と苦笑いする。

世界遺産・日光の二荒山神社(栃木県日光市)は昨年10月、おさい銭にスマホ決済を取り入れて話題に。「利用者はそんなにいない」(同神社)そうだが、「電子さい銭」の寺社は少しずつ増えている。

兵庫県内では、県、神戸市から決済機器購入の補助を受け、有馬温泉(神戸市北区)の有馬商店会が中国の決済サービス「ウィチャット・ペイ」を導入した。また、サッカーのヴィッセル神戸も今シーズンから、本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)の主催試合で完全キャッシュレス化を開始。チケットやグッズ、飲食物など全ての販売で楽天ペイの使用をPRしている。

引用:神戸新聞NEXT https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201906/0012419230.shtml

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。