日南と高千穂でキャッシュレス推進、宮崎銀

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。

宮崎銀行と宮崎県日南市、同高千穂町は5日、それぞれの地域でのキャッシュレス化推進で連携協定を結んだ。観光人気が高い高千穂町と、クルーズ船が寄港する日南市はキャッシュレスに慣れた訪日外国人(インバウンド)が多く、対応が急務と判断した。国が2025年までにキャッシュレス決済比率を4割に高める目標を掲げるなか、宮崎銀の平野亘也頭取は「宮崎発の全国のモデルケースとなるような取り組みにしたい」としている。

キャッシュレス化推進で連携協定を結んだ宮崎銀行の平野頭取(左)と崎田恭平日南市長(中)、甲斐宗之高千穂町長(宮崎市)

協定では、キャッシュレス決済の仕組みや意義を周知し、住民や事業者に導入を働きかけ、導入後の地域や事業者の情報を発信する。住民に利用を促すほか、事業者には決済データを活用して経営をサポートする。

宮崎銀は「ウィーチャットペイ」や「アリペイ」にも対応するスマホ決済サービス「みやぎんペイ」や、全国の金融機関が推進する「Jコインペイ」に参加している。まず先行導入地区でキャッシュレス決済の利便性を利用者に経験してもらうことから始める。

崎田恭平日南市長は「インバウンドだけでなく、地元住民も利便性の高いキャッシュレス決済に慣れれば様々な展開も期待できる」と語った。甲斐宗之高千穂町長は「観光の利便性を上げるのはもちろんだが、商店街の活性化など利便性の高いまちづくりを進め、将来的には移住や定住人口の増加につなげたい」と期待した。

引用:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47001570V00C19A7LX0000/

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。