中国人民銀行独自仮想通貨通貨を開発|WeChatPayチャンスか

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。

中国人民銀行が独自の仮想通貨通貨を開発中|WeChatペイに最大のチャンスか

中国人民銀行がリブラに対抗してデジタル通貨を開発中

中国の中央銀行である中国人民銀行が独自のデジタル通貨を開発していると8日、サウス・チャイナ・モーニング・ポストが報じた。

中国人民銀行はフェイスブック社のリブラプロジェクトが中国の国際送金、金融政策、経済主権に課題をもたらす可能性があると公式に見解を述べた。

中国人民銀行調査局のワン・シン局長は同プロジェクトを「強く注視している」とした。

ワン氏によると、中国人民銀行は中国政府当局の承認を得て中央銀行発のデジタル通貨開発に着手しているとのことだが、進捗が公式に発表されたことはない。

米経済紙Forbesは、テンセント社のメッセージサービス「WeChat」が開発に協力しているのではないかと考えている。

WeChatはQRコードを使った決済サービス「WeChatペイ」を16の通貨で提供しており、決済業者資格を持っている点でフェイスブックより有利だ。

フェイスブックが複数の国で同様の資格を取得できるかどうかは定かではなく、リブラ普及に向けた課題は多そうだ。

引用:CoinOtaku  https://coinotaku.com/news/articles/38391

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。