中国モバイル決済「WeChatPay(ウィーチャットペイ)」が日本でも拡大、導入企業は1年で6倍、訪日中国人の旅行変化が後押し

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。

テンセント・ホールディングスは2019年7月18日、コミュニケーションアプリ「WeChat(ウィーチャット)」のビジネスイベント「2019 WeChat オープンクラス東京」を開催し、モバイル決済サービスのWeChat Payの日本での導入企業数が前年比565%増、取引件数が108%増に拡大したことを発表した。

日本での成長を牽引するのは、年100万人増の勢いで増加を続ける訪日中国人観光客だ。ウィーチャットペイの日本リージョナルディレクターである中島治也氏は、中国人観光客の行動ベースとなる生活環境について、ウィーチャットの月間アクティブユーザー(MAU)は、中国人口の8割を超える11億人に、ウィーチャットペイのユーザーは8億以上となり、導入店舗は数千万単位に拡大したことを説明した。

「いまや40%の中国人は、現金を100元(約1500円)以下しか持たない生活をしており、財布を持たなくてもウィーチャットペイがあれば生活できる世界になっている。買い物だけではなく、宿泊や交通機関、行政サービス、教育などまで多様な面で使用され、日本とは全く異なった発展をしている」と中国のキャッシュレス社会の現状を述べ、日本の事業者にもチャンスが多くあることをアピールした。

引用:トラベルボイス https://www.travelvoice.jp/20190719-134784

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)の導入方法


ウィーチャットペイ店舗に導入(加盟店)
日本を代表する百貨店や空港、誰もが知るブランドショップ、アパレルから百貨店、レストラン、ドン・キホーテまで、幅広い業態から多くのショップにご利用いただいています。

ウィーチャットペイの使い方
ウィーチャットペイは日本人でも使えて、全国のウィーチャットペイ加盟店お店で使えます。アプリをインストールして、クレジットカードを登録して、カンタンにお支払い。近くのお店でお試しください。

ウィーチャットペイ代理店のお申込み
代理店登録に費用は一切かかりません。リスクなしで登録をしていただくことができます。契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます。